【進行中の現場】店舗リフォーム 大阪市淀川区 スケルトンの状態からの美容室新装工事

今回はスケルトンの状態からの店舗新装工事です。
「スケルトン」とは建物の躯体がむき出しの内装などが何もないコンクリートの打ちっぱなしの状態です。
お施主様の要望を聞き、理想のイメージに近づけるよう打ち合わせを重ねていき、工事に移っていきます。
まず、土間コン打ちからスタートです。
モルタルが乾いたら地墨を打って行きます。
地墨とは間仕切り壁の位置や建具の位置などを正確に出す大切な工程です。
出した地墨に合わせて軽天下地で壁をおこして行きます。
既存の壁が悪い箇所は木下地も取り入れて壁を真っ直ぐにたてて行きます。
カウンターにはW3600の1枚の集成材を用いました。
強度をもたすために壁の中にカウンターの一部を埋め込んで、できるだけ支えを使わずスッキリ見せれるようにしました。
下地が終わればボード貼りです。 (担当 畑井)

スケルトン

スケルトンの状態

外観

外観

土間コン打ちからスタート

土間コン打ちからスタート

ボード貼り

ボード貼り

関連記事

  1. 兵庫県西宮市 H様邸  LDK改修工
  2. 【進行中の現場】木造新築工事(基礎) ~ 新築 大阪市平野区 K様邸
  3. 【進行中の現場】大阪市天王寺区 S邸+民泊用1部屋 ビル 改修工事(A号室)
  4. 【進行中の現場】戸建リフォーム 大阪府豊中市 T様邸 耐震工事・リノベーション工事 サッシ取替~石膏ボード貼り
  5. 【進行中の現場】茨木市 U様邸 耐震補強工事を含めたリフォーム工事 床組
PAGE TOP