【進行中の現場】大阪府東大阪市 O会社 社宅を事務所にリフォーム:床の下地を組んでいきます

前回、解体まで終わったので、スケルトンの状態から、床の下地を組んでいきます。
床は一番レベルが高い所を基準に高さを揃えます。
元々畳があった箇所は、下地組をし調整材で高さを合わせ、ベニヤを増し貼りしてバリアフリーになる様に、高さを揃えました。
社宅として利用していたので、オフィスに改修するにあたり、電気設備など大幅に変わります。オフィス用ベースライトになるので、明るく仕事のはかどる空間になると思います。
下地の段階で配線・配管を仕込んでいきます。
住宅に比べると、間仕切り・枠作成などの細かい大工作業は少ないですが、仕上げに向け、天井・壁の下地、石膏ボード貼りと進んでおります。
多くの方が働く大空間オフィスなので、明るく気持ちよく働いてもらえるよう、私は正確で丁寧な仕事を心がけています。(担当 小窪)

下地組、ベニヤ貼り下地組、ベニヤ貼り

床下地 完了床下地 完了

 

 

関連記事

  1. 現場での大工さん!仕事中や休憩中を覗き見
  2. 【進行中の現場】大阪市天王寺区 S邸+民泊用1部屋 ビル 改修工事(A号室)
  3. 大阪市城東区 T様邸 WSハイブリッド工法 新築工事・基礎工事
PAGE TOP