大阪市城東区 T様邸 WSハイブリッド工法 新築工事・基礎工事

7月に地盤調査をしました新築工事が、ようやく基礎工事に着工しました。
調査の結果、しっかりとした地盤の判定が出ましたので、今回は地盤改良はなしです。まずは一安心しました。
写真の通り掘削を開始します。
その前には遣り方と言われる、建物をどの位置に建てるか検討し、杭や、水糸、貫を利用して更地の状態に目印をつけていきます。
その目印を基準に重機で掘削をします。
弊社のWSハイブリッド工法の基礎は、木造の基礎に比べると、約2倍ほどの深さを掘ります。
上物をしっかり支えられるように、鉄骨造と同じように地中梁といわれる大きいコンクリートの梁で柱と柱を繋ぎます。
WSハイブリッド工法の工事をしているといつも、通りかかる方々に、「ここにビルでもたてるの?」と聞かれるぐらい弊社の工法の基礎はガッチリ作ってあります。
これから、配筋、コンクリート打設と工事を進めていきます。
(担当 永田)

 

関連記事

  1. 【進行中の現場】戸建てリフォーム 大阪府池田市 U様邸 フローリングとボード貼りなど
  2. 【進行中の現場】大阪市天王寺区 S邸+民泊用1部屋 ビル 改修工事(B号室)
  3. 現場での大工さん!仕事中や休憩中を覗き見
  4. 【進行中の現場】大阪府東大阪市 O会社 社宅を事務所にリフォーム:床の下地を組んでいきます
PAGE TOP