国産の木材へのこだわり

樹と木の話 ~ 国産の木材へのこだわり

国産の乾燥材にこだわる理由

樹を切って木材を作る。
簡単に言うことは出来ますが、実際にやるとなると途方も無い手間隙と愛情が必要な作業なのです。
そう考えると木造の住まいはとてつもない労力が結集された本当に貴重なものです。

さて、イメージ的に樹を切り倒すことは自然破壊という印象がありますが、それは原生林の場合であって、植林された山においては、あらかじめ伐採計画をたて、伐採に至るまでも、立派な樹を育てるために枝打ちや間伐が欠かせません。
ですから日本の伝統的な植林の山を守るためには樹を切り倒すことが必然になります。
木の流通がなければ山は荒れ果てやがては死んでしまうのです。

私達が国産の材にこだわる理由はここにあります。
国産の材が外材よりも高いからといって国産材を使わなければやがて日本の貴重な森林資源はなくなってしまいます。
それに何でも輸入に頼るのではなく、自分達の国で使うものはなるべく自分達で作るほうがいいと考えるからです。
外材が切ったら切りっ放しになる場合が多いのに対して、日本の山は見事に再生するやり方で運営されています。

途上国の乱開発や自然破壊に疑念があり、CO2 削減など地球環境に関心がある方は、ぜひとも国産の良質材で注文住宅やリフォームを検討いただきたいものです。
自邸に国産材を使うことが素晴らしいエコとなるのです。

プロジェクト一覧

  1. マンション:大阪府吹田市 M様邸 インプラス(内窓)取付工事 TOSTEM
  2. リフォーム:大阪府豊中市 T様邸 壁面大型本棚の取り付け工事:南海プライウッド フィクサス
  3. リフォーム:大阪府箕面市 K様邸 和室から洋室への改修工事
  4. 戸建てリフォーム:大阪府吹田市 S様邸 階段下のクロスが剥がれてきたものを杉板貼へ改修
PAGE TOP